本文へ移動
空気を読む事が
            一番大事
車両電装三課
岡部 浩次
入社:2011年
出身:日本大学 生産工学部 電気・電子工学科

現在の仕事の内容・今の仕事のやりがいなど

EIPF(電子電装部品評価環境)に接続するHILS(Hardware-In-the-Loop-Simulation)の環境構築の実施と、構築に必要な情報収集、HILSモデルの作成、及び修正の仕事をしています。
EIPFは、HILS環境を接続しないと自動車の走行状態を模擬する事が出来ないのですが、HILS環境接続直後はたくさんのフェールや課題が発生するため、すぐに走行できません。そのため、課題に一つ一つ対応し、メーター上で車速が上がっていくのを確認した瞬間は、達成感を感じる事ができます。

この会社に決めた理由

元々、現在の客先である自動車会社にて派遣社員として仕事をしていました。
その頃から不動技研工業の社員は、客先から色々な業務を任されており、突発の業務も難なくこなし、客先からの信頼も厚いと傍から見ても感じる事ができました。
私自身もそのような信頼されるような、頼りにされる会社で自分の力を発揮していきたいと思い、入社を決意しました。

職場環境や部署の雰囲気

職場環境は主に客先での業務となりますが、客先に弊社の社員が約100名近く在籍しており、自社にいるような和気あいあいとした、居心地が良い環境です。
各課長や先輩社員も悩みや不満を聞いて頂ける方達なので、コミュニケーションが取り易いです。
また客先が自動車会社であり、積極的に有休消化を推奨しているので、長期連休や有休が取りやすい環境でもあります。

これからの目標や将来の夢

現在の業務は、EIPF(電子電装部品評価環境)を構築する業務の一部であるHILS環境の構築を行っていますが、HILS環境構築以外にEIPFを構築する為にいくつかのチームが分担して作業を行っています。
私はその各チームの業務ができる、オールラウンダーになりたいと思っています。
また、HILS環境構築のスペシャリストを育てられるような先輩社員になりたいと思っています。

学生へのメッセージ

私も学生から社会人になる時、不安でいっぱいだった事を思い出します。
「自分はこの会社で力を発揮できるのか?」「仕事で迷惑をかけないのか?」など不安だと思います。
ですが、我々はしっかりした教育を新入社員の方に実施しており、教育を受けた方々に仕事をどんどん任せられるように成長して頂いております。
もちろん、教育を受けても不安等があると思いますので、その点は先輩社員が丁寧にフォローします。
そのため、不安な点は出来る限り解消できる環境なので安心して我が社に飛び込んで頂きたいです。
TOPへ戻る