本文へ移動
積土成山
ガスタービン構造設計課
前田 祐太郎
入社:2014年
出身:兵庫県立大学 工学部 機械システム工学科

現在の仕事の内容・今の仕事のやりがいなど

ガスタービンの新規計画、改良、メンテナンス用の治具や付属品の設計を主として、強度解析や部品手配、検討資料の作成等幅広く仕事をしています。
また、最近では入社後初の試みとなる歯車機構の設計をやっております。
日々、自分達が作成した多くの図面が製造の方で製品として作成されており、上手くいくことばかりではないものの、「無事組立・稼働完了」という報を受けたときは大きな安堵と達成感を感じております。

この会社に決めた理由

学生時代、設計の講義の中で初めて3DCADソフトを使ったモデル作成に触れ、機械設計の分野に強い関心を持ちました。
その為、早い段階で希望職種を機械設計業と定めて、入社すればほぼ確実に設計に携われる企業を探しておりました。
そんな折、合同企業説明会で地元に独立した機械設計専門の会社があることを知り、ブースにてお話を伺ったのが事の始まりでした。
初めは、自宅近くの事務所であったことと、独立した設計会社ということで一度お話を伺ってみようという程度だったのですが、
話を聞くにつれ「人が基本」という社風を体現する待遇と業務環境に強く興味を持ちました。
当時、リクルートサイト等に登録がされていなかった為、余り情報がなく一抹の不安があったものの、
社内見学を経て、風通しの良い雰囲気を肌で感じ、ここでなら設計に携わる仕事をやっていけると思い入社を決意しました。

職場環境や部署の雰囲気

設計業といえば、黙々と図面と向かい合って作業し、ピリピリとしたイメージを持たれる方もおられると思いますが、基本的には案件に対してチームで協力しやり遂げる為、活発にコミュケーションを取りながら、一人で背負いこまずにお互いに助け合って作業する雰囲気が形成されています。
またビルの1フロア一帯が弊社の職場となっており、仕切りもないこともあって、
課やチームの隔たりなく相談できる風通しの良い職場環境がアピールポイントの1つです。

これからの目標や将来の夢

「これはあの人に聞けば間違いない」と言ってもらえる社員となることです。
幅広い業務の中で、今また新たに歯車機構の設計というチャンスを得ている現状から、自分にしかできないことを見出して、設計技術者としてオンリーワンを目指して突き抜けていくことを目標としています。

学生へのメッセージ

前田 祐太郎
設計と聞くと、学生時代に学んだことで本当にやっていけるのか不安に思うと思います。
僕自身工学部の出身でありながら当時はその不安を感じておりましたが、入社後の研修で基礎の基礎から、ベテランから年の近い先輩方たちまで真摯に教えて頂いた甲斐あって今があります。
なにより「設計をやりたい」という心意気が、入社後から何十年続く設計技術者として一番大切です。
TOPへ戻る