本文へ移動
全盛期は常に未来
ガスタービンサービス技術課
浅見 佳樹
入社:2004年
出身:国立明石工業高等専門学校 機械工学科

現在の仕事の内容・今の仕事のやりがいなど

主にガスタービン(GT)のメンテナンス業務になります。
現地GTが安全に運転できるよう定期点検時の部品手配や性能改善の図面作成等の対応をしています。
サービス業務はスピードが最重要ですが、その中でも品質、正確性を高い水準でキープできるよう、御客様(MHPS)と密にコミュニケーションを取りながら作業しています。
ベテランの域に達してきたのもありますが、自分の知識と技術で御客様に提案し、それが形となっていくことにやりがいを感じています。

この会社に決めた理由

学生時代に培った設計・製図の知識を活かせる職種であることと、地元を離れることなく通えるということが決め手です。
また、経営理念の中にある「人が基本」という言葉に共感できたという点もあります。

職場環境や部署の雰囲気

ワンフロアの事業所内に3つの課が並列しており、各課業種は異なりますが技術的な内容や業務外のこともざっくばらんに会話できる風通しの良い雰囲気です。また、20代の若手が多く、会社行事以外の催しも開催されていて活気のある職場だと思います。

これからの目標や将来の夢

入社して15年が経ち色々な経験をさせていただく中で、中堅(ベテラン?)と呼ばれるようになってきたので、現在のサービス業務の幅を広げ、後輩達に更に多くの技術を身に付けてもらうことが目標の一つです。
ただ、「全盛期は常に未来」と考えているので、今の業務だけでなく全く異なる分野にも挑戦し、常に成長していこうと考えています。

学生へのメッセージ

浅見 佳樹
私自身、学生時代に就きたい業務は具体的にありませんでした。
ここ数年の新入社員の話を聞くと、「設計をしたい」「ガスタービン関係の仕事がしたい」と明確な動機があり、素晴らしいことだと感じています。
では「学生時代からやりたいことを決めなければならないのか」という話になりますが、別にそうでもないと考えています。
やってみれば意外と楽しくて自分の力を発揮できる仕事があるはずです。
どんな職業に就こうか悩んでいるあなた。
是非一度、高砂事業所へ見学にお越しください。
TOPへ戻る